1時間の音声をテープ起こしするとどれくらいの作業時間が掛かりますか?また、何文字になりますか?

作業時間は、録音状態が良い講演等でしたら最短で3時間程度で起こせます。
ただし、音質が悪い場合や発言者が多い場合は7~10時間かかることもあります。

文字数は16,000~20,000文字程度になります。
ワードのファイル(ページ1,300文字)にして12~16ページ程度です。

「反訳」とはどういう意味ですか?

元々は速記文字を普通の文字に戻すことを反訳(はんやく)と言いましたが、最近は速記自体の需要が減り、テープ起こしのことを指すようになりました。 その他のテープ起こしの呼び方については、東京反訳「テープ起こしのキホン」をご参照ください。

テープ起こしにはパソコンの音声認識ソフトを使っているのでしょうか?

弊社では現在、全て人手による聞き取り・入力作業を行っています。
音声をパソコンに認識させて自動的に文章化する技術も着実に進歩していますが、音声認識ソフトが機能を発揮するためには、音質が良いものに限られる等、幾つかの条件があります。また、条件がそろっても認識率100%を達成するのは困難で、最終的には人によるチェックが必要です。このようなことから、音声認識の実用化にはまだ時間がかかると思われます。

音声認識については東京反訳「音声認識ラボ」に記事を掲載しています。是非お読みください。

テープ起こしは速記とは違うのですか?

テープ起こしは音声をICレコーダー等に録音し、終了後にその音声を聞きながら 通常の日本語に書き起こししていくものです。それに対して速記は速記文字という特殊な文字を使い速記者がその場で音声を書き取り、後で通常の日本語に変換して原稿を作ります。(基本的には機械での録音もします)。
速記には、その場で記録してすぐ原稿が出来るイメージがありますが、実際には速記文字を普通の日本語に戻すのにかなりの時間がかかり、原稿作成の所要時間はテープ起こしと差異がありません。

出張録音のご依頼をいただければ、記録漏れを防ぐために複数のマイクで録音し、担当者が同席し発言者のメモを取り、原稿を作成します。これによって、速記と同等の効果を上げることができると考えています。
東京反訳「出張録音テープ起こしサービス」のページをご参照ください。