会社沿革・ヒストリー

東京反訳ヒストリー

私、吉田と文字起こしとの出会いは20年程前に遡ります。
当時はホームページや名簿の制作会社を経営していた頃、あるお客さまから突然カセットテープを渡され、
『これの書き起こしができますか?』と聞かれました。
当時は文字起こしをしたことがなく全く分からなかったのですが、作業できる人をネットで探せばなんとかなりそうだと思いお引き受けし、経験豊富なワーカーさんに作業をお願いすることができ無事に納品しました。

これで終わっていたら今の東京反訳はありませんでした。

その頃、インターネットの世界ではニッチな仕事が向いているという流れがありましたので、もしかしたらと思いとりあえず1ページだけ簡単な文字起こしの案内ページを作りました。
そうしたところ、当時文字起こし業者のホームページが今ほど多くなかったこともあったのでしょう、
年々不思議とご注文を頂けるようになりました。

今振り返ってみますと、本当に「タイミングの良さ」を強く感じます。

当時文字起こしの世界はアナログからデジタルへの過渡期でした。
カセットテープを聞きながら文章を書き起こすスタイルから、音声のデジタル音源をパソコンで起こすようになっていたのです。
更にインターネットのインフラが整備されADSLから光へ変わり、重い音声や動画ファイルのやり取りも手軽にできる様になりました。

更にSOHOブームでネット通信教育が盛んな中、文字起こしは人気の講座で多くの方が受講されていました。
そんな数多くの優れた在宅ワーカーの方々と巡り逢うことができ、お仕事をお願いする様になりました。

そして2006年に文字起こし専門企業として東京反訳株式会社を設立し16年が経ちました。
現在では年間約20,000件のご依頼を頂き、全国700名以上のワーカーの方に仕事をお願いして作業しております。
「記憶を記録に」のコピーを使っておりますが、年々社会の様々な分野できちんとした記録を保存することが求めていることを強く感じています。
文字起こしという仕事が単なる音声の書き起こしではなく、社会に必要なシステムの一つとして認知されていけるよう日々努力してまいります。



会社沿革

2001年

当社代表吉田経営の前会社(サイトの制作会社)にて、
初めてカセットテープ音源の書き起こしを頼まれる。
文字起こしサービス、出張録音サービスを開始。


2006年

文字起こし専門企業として、東京反訳株式会社を設立する。
東池袋山京ビルに移転。ほぼ全ての再生機器を揃える。


2009年

東池袋サンシャイン通りのポプラビルに移転。
サイトをリニューアル。
専門分野ごとのコーディネーター対応を開始。


2010年

ベテランワーカーを講師にお招きし、ワーカー研修会を開催。
以降毎年開催。


2012年

プライバシーマークを取得。
マイページをリリース。
南池袋に移転。
コーポレートキャラクター「はんやくん」誕生。


2013年

出張作業プランセキュリティルームプランを導入。
音声認識ラボの開始。


2014年

サイトをリニューアル。
大阪支店を開設。
本社事務所を増設、セキュリティルームを完備。
ISO9001の認証を取得。
一般労働者派遣事業許可取得。
派遣事業を開始。


2015年

文字起こし活用推進協議会入会。
マイページをリニューアル。


2016年

文字起こし求人サイトJobstyleを開始。
原稿作成編集出版サービスを開始。
動画字幕作成サービスを開始。


2017年

スキャンサービスを開始。
オフィスサービスEXPOに初出展。
サイトリニューアル。


2018年

テキスト読み上げサービス(サービス停止中)を開始。
第8回オフィスサービスEXPOに出展。
総ご依頼件数が100,000件を突破。


2019年

AI学習用 文字起こし(アノテーションサービス)を開始。
日本看護研究学会 第45回学術集会に出展。


2020年

ISO27001(ISMS)の認証を取得。
全社員テレワーク可能な環境の整備。


2021年

フリーランス協会入会。