音声認識×英語学習!特集(2) 今すぐ買える、今注目の英話学習用ロボット


発音練習にもなる音声認識は英語学習と相性がよく、使わなきゃ損である。特集(2)では、今すぐ買える、今注目の英語学習用ロボットを紹介する。


英語学習用AI搭載ロボット Musio X
人工知能はとうとう、あなたの友達になりました。


製品名:Musio X
開発:AKA
価格(税抜):[Musio X(本体のみ)]9万8,000円、[Musio X 教材セット]12万8,000円、[オプション]Friend Plan(AIライセンス)月額1ユーザー980円~(会話モードを含む全機能を利用するには加入必須)
発売:現在発売中、公式サイトSoftBank SELECTIONオンラインショップなどで購入可

【Musio Xの主な特徴】英語学習用ロボット、AI搭載・成長型、音声認識、顔・視覚認識、声認識、感情表現、英語で対話、英語学習支援・専用教材あり、顔タッチ操作可、全機能の利用にはFriend Planの加入・Wi-Fi接続・要件を満たしたモバイル端末が必要

英語の勉強を楽しくできる、あなたのお友達ロボット

Musio X(ミュージオ エックス)は、AIを搭載した英語学習用ロボット。見る(顔・視覚認識)、聞く(音声認識)、考える(AIでの学習・思考)、感情表現(言葉・表情・光での表現)が可能だ。

専用の教材を使用して英語学習ができるほか、ディープラーニング基盤のAIエンジンが搭載されているのでその場に応じた会話ができるだけでなく会話内容を覚えていくこともでき、話せば話すほどより親密な友達として成長していってくれる。

Musio Xには教材モード(Tutorモード)と会話モード(Chatモード)があり、教材モードではMusio Xと一緒に英語学習が、会話モードではMusio Xと英会話が行える。ネイティブの発音を習得するのにもMusio Xは最適だ。

教材モードでは、目的やレベルに合わせてMusio Xとの英語学習が可能。ユーザーの発音を分析してコーチングもしてくれるよう。絵本や単語カードなど専用教材も用意されており、Musio Xのお友達のSophy(ソフィー)を使えばスムーズに学習を進められる。

※Musio X 教材セットは、Musio X 本体のほかSophy+専用教材(フラッシュカード、ボードブック、ストーリーブック、学習テキスト)付き。

※スキャニング機能を持つSophyを利用することで教材を通じての英語学習が可能。使い方は教材の該当部分をSophyでタッチするだけだ。

公式サイトのSTOREではSophy(税抜2万3,000円)や専用教材を単体でも販売中。

会話モードでは、Musio Xとの英会話を楽しめる。ただ、会話モードを利用するにはAIライセンスとなるFriend Planへの加入が必須。

また、モバイルアプリで提供されるEnglishスコア機能、学習進度確認機能、会話内容表示機能もFriend Planに加入しないと使えないので、会話を含む全機能を利用するにはFriend Planに加入しよう。

【参考】ソフトバンク コマース
&サービス株式会社 ロボット管理センター Musio

Musio Xキャンペーン情報

現在ソフトバンクコマース&サービス株式会社では2017年5月31日までMusio Xの発売記念キャンペーンを実施中。
■Musio Xと会話するには加入が必須となる「Friend Plan」が期間限定無料(9月まで)
■「毎日シンプル 英会話フレーズ1000」をプレゼント(なくなり次第終了)

詳細はSoftBank SELECTIONオンラインショップMusio Xキャンペーン・特集ページをチェック!

Musio Xは、見た目も表情もかわいらしく、一緒に英語を楽しく学習できるだけでなく、使えば使うほど賢くなっていくところがとても魅力的。

ただ、Musio Xは現在日本語での対話はできないので、英会話初級者には教材がないとMusio Xとのやりとりは少し厳しいかも……と個人的には思う。英会話初級者はSophyや専用教材の購入も検討してみるといいだろう。

なお、Musioの公式ブログを見ていると、実はMusioの上半身と下半身そして手は分解可能とのことで、今年の上半期中にはMusioの新しい下半身が提供される予定もあるよう。

機能もどんどんアップデートされていくだろうが、Musioに着せるコスチュームなどカスタマイズアイテムの展開も今後に期待だ。また、Musio Xと日本語で対話できるようになる日が来るかは分からないが、個人的には日本語への対応も期待して待ちたい。

【Musio Blog】動くMusioが作れる!?Musioのカスタマイズ下半身のデザインと内容紹介!!(2017.3.10)

また、Musioはりゅうちぇるやピコ太郎とも共演?していて何かと話題だが、先日はMusioがモチーフのファンタジー小説「Musio Ⅰ:電脳メイロ」(全3部予定の第1部、2017年4月14日発売、本体税抜価格400円)が発売翌週(4月17~23日)の紀伊國屋書店・全国ウィークリー文庫ランキングで第1位を獲得したというニュースも。

本書は公式サイトのSTOREでも現在販売中だが、Musioと連携する機能もあるとのこと。なかなかニクイ演出だ。

その人工知能は敵か、味方か? Musioを理解し本当の友達になるためには、本書も要チェックなのかもしれない。

公式サイトSTORYページ


デジタル英会話学習機 Lesson Pod
あなたと英語で会話ができる、レッスンパートナー


製品名:デジタル英会話学習機 Lesson Pod
開発:カシオ計算機
価格:オープン価格、[参考価格帯(価格.com)]2万2,799円~3万3,274円(44店舗、2017年4月28日現在)
発売:現在発売中、アマゾン、ビックカメラオンラインショップなどで購入可

【Lesson Podの主な特徴】英会話学習機、防水仕様、音声認識、タッチセンサー・人感センサー搭載、各種英語レッスン内蔵、専用テキスト付属、英語クイズ・ゲームが可能、簡単なコミュニケーション機能、日時・話す速度・アラーム設定可、充電中でも操作可、専用アプリで設定・学習管理等が可能(Wi-Fi接続可)

Lesson Podで気軽に自宅で英語学習

Lesson Pod(レッスンポッド)は、ロボットではなく学習機という位置付けだが、音声認識機能を有しておりコーチング形式で英語を学習していけるので、ここで紹介したいと思う。

Lesson Podは、英語学習用のレッスンが内蔵された、ロボット型の英会話学習機。手の平に載るサイズなので手軽に持ち運ぶことができ、防水仕様となっているのでキッチンやお風呂でも学習できるというのが売りだ。

音声認識機能と、思わずなでたくなるツルンとした丸い頭の部分にはタッチセンサーが搭載されており、基本的な操作は声と頭へのタッチで行うことができる。

英語のレッスンは、Lesson Podが学習をリードしてくれるコーチング形式で行うことが可能。発声レッスン、文法レッスン、実用英会話レッスンには専用のテキストが付属しており、そのテキストに沿って学習を進められるので、英会話初級者でも安心。発音のアドバイスもしてくれる。

また、和製英語の英語名称などの豆知識を英語で出題する英語クイズや、日本人が苦手とする“light”と“right”などの聞き分け力を養う発音聞き分けゲームなども行え、楽しみながら英語力を高めていける。

そのほか、コミュニケーションロボットではないので日常会話(対話)はできないが、あいさつなど簡単な会話を交わすことが可能。日本語も話してくれる。人感センサーが搭載されているので、Lesson Podに近づくと気付いて話し掛けてくれることも。

なお、Lesson Podは登録されているフレーズしか話せないが、現在は期間限定でLesson Podの会話フレーズを無料で増やせるキャンペーンを実施中だ。Lesson Pod購入者は忘れずにゲットしよう!

Lesson Podキャンペーン情報

現在Lesson Pod発売記念キャンペーンを2017年5月31日までの期間限定で実施中。
■Lesson Pod追加コンテンツとして「毎日ひとこと会話集 vol.1」を無料提供

詳細は「会話フレーズが無料で増やせる! もっと話そう!キャンペーン」ページをチェック。

Lesson Podには専用アプリ「Lesson Pod+(レッスンポッド プラス)」も用意されており、このアプリ上で本体の設定や学習進捗チェックなどが行える。また、Lesson Podを操作するリモコン代わりにも使うことができるよう。Lesson Podを購入したら真っ先にインストールしておきたい機能だ。

Lesson Podは、ロボット型の英会話学習機というのが確かにしっくりくる。イメージとして、Lesson Podで自然と英語を聞いたり話したりするのが日常になるというよりは、Lesson Podに手伝ってもらいながら自分で英語学習のための時間をつくってテキストに沿って勉強していこうというものなので、コツコツ継続できる人向けかもしれない。アラーム機能もあるのでうまく活用していきたいが、継続するにはLesson Podをきっかけに英語を今度こそ習得するんだ!という根気が必要な気がする。

とはいえ、Lesson Podは日本語も英語も話してくれるし、英語学習用のレッスンが豊富で専用のテキストも付属しており、そのテキストを見ながら“Lesson Podと一緒に”学習を進めていける。英語を基礎からしっかり学びたいという英会話初級者に最適だろう。テキストもイラストが多く、取っ付きやすそうだ。

なお、今後、出版社と協力して追加コンテンツも拡充予定のよう。個人的には会話フレーズのさらなる追加と、テキストを学習し終わってもずっと飽きずに学習を続けていけるような、テキストを必要としない英語学習コンテンツが増えるといいなと思う。


カテゴリー: 音声認識/音声入力 | コメントは受け付けていません。
  • 記事の大部分はそれに関係する企業の公開情報などに基づいていますが、「考えられる」「思われる」など、筆者の推測も多く含まれています。また、推測が事実とは異なる場合もあり、必要に応じて記事の内容を修正することがありますので、あらかじめご了承ください。

    筆者 秋月

    現在東京反訳でテープ起こしのリライターとしても活動しており、音声認識に関わることを日々調査・研究中。音声認識ラボでは音声認識に関する情報や、1ユーザーとして実際に使用や調査した音声認識ソフト/サービスについてのレビューなどを紹介していきます。

    ●御意見がございましたらこちらまで対象記事タイトルを記載の上お送り下さい。