タイムコードについて

タイムコードとは音声・動画再生時の時間経過の記録です。
弊社の基本仕様として、原稿にはタイムコードを約5分毎に区切りの良い所に記入します。
発言が「。」で終わる所で挿入するので、5分や10分丁度ではなく、秒数の端数が出ます。
また5分以外やお客様のご希望に沿った詳細な仕様もオプションにて承ります。
記入する時間は、PCでの音声再生プレーヤーのカウンター数字を参照しています。

タイムコードの活用法

お客様の方で音声と原稿の照らし合わせする際に、特定の発言箇所を効率的に探すことができます。

記入例(5分毎/Word原稿)

00:00:00
A:では、始めます。よろしいですか。
B:はい。
A:テープ起こしのお仕事を始められたきっかけなんですが、どのようなことがあってなんでしょうか。
B:4~5年くらい前になりますけど、このお仕事をしている人と知り合いになりまして、その時に知りました。それで、私もこの仕事をやりたいと思いまして。
(中間省略)
A:そうなんですか。大変だなと思われることって、何ですか。
B:そうですね、何だろう。いろいろありますけど、納期を守るっていうプレッシャーはありますね。
A:そうですね、納期、守らないと、それは基本ですもんね、大事ですもんね。
00:04:58
B:やっぱり、それは。あとは、やっぱり根気のいる仕事なので、いかに集中してやるか。

記入方法

タイムコードオプション例