テープ起こし・文字起こし用語集

逐語記録ちくごきろく

「逐語」には、一語一語、すべての言葉を逐一、などという意味があります。ですから「逐語記録」とは一字一句漏らさず記録していくことです。音声を聞きながら全ての言葉を起こしていくテープ起こし・文字起こしという作業自体も、広い意味での逐語記録です。

外国語の翻訳において「逐語訳」「逐次訳」という単語の一つ一つを忠実に訳す方法があります。なので「私は 食べた 朝食を 家で」などと、おかしな日本語が出来上がりますが、これが逐語訳です。読みやすさよりも原文どおりの正確さを追及するわけです。
文字起こしにおいても、「逐語記録」とは発言の一言一句を正確に漏らさずそのまま起こしていく作業となり、出来上がった文章の読みやすさや文法的な正しさなどは度外視されます。これはケバや相づち、発言の重なり部分、言いよどみ、などもそのまま文字起こしする「素起こし」という起こし方とほぼ同じですが、場合によっては沈黙の秒数なども記録するので、「素起こし」よりも再現性が高まります。

このようなやり方は「会話分析用テープ起こし」と呼ばれ、医学、看護学、社会学などの「質的研究」と呼ばれる分野で使われることが多い起こし方です。また裁判所に証拠資料として提出する音声を文字起こししたものを「反訳書」といいますが、これを作成する際も「会話分析用テープ起こし」と同様の起こし方をします。いずれも「逐語記録」という言葉の意味を忠実になぞった起こし方といえます。