テープ起こし・文字起こし用語集

ケバけば

日常会話やインタビューなど、人間の普段の会話中には、「あのー」、「えー」、「えーと」、「うーん」など、それ自体では意味をなさない短い言葉が数多く含まれています。テープ起こし・文字起こしの世界では、これらの言葉を「ケバ」と呼んでいます。

文字起こしの世界では、「あのー」や「えー」など、その言葉がなくても話の筋や意味が通じるもの、またはそれ自体では意味をなさない言葉をケバと呼んでいます。「無機能語」や「フィラー」などとも呼びます。

「ああ」「うん」などの相づちや「あー」「あの」「えっと」など会話中に挟まれる言葉のほかに、文末で使われる「〜ね」「~よ」、また発言の出だしの「要するに」「あのですね」など、話者の話し方のくせで会話中に何度も出てくる言葉などもケバとされる場合があります。そのほかに、言葉の言いよどみ、明らかな言い間違い、言葉の重複などもケバとして分類されます。

普段の会話ではあまり気に留めることはありませんが、ケバをそのまま文字に起こすと回数も文字数も思いのほか多く、原稿は非常に読みづらくなります。テープ起こし・文字起こしを業者に依頼する場合には、話者のニュアンスや語感などを重要視する場合を除いては、「ケバ」を取った起こし方で発注するのがよいでしょう。