テープ起こし・文字起こし用語集

ですます調ですますちょう

「ですます調」は語尾が「〜です」「〜となります」など、丁寧で柔らかい文章になり提案書や説明文、または人物像に焦点を合わせたインタビューなどに向いています。一方「である調」の語尾は「~である」「~といえる」などを使うので、議事録や報告書などに適した文章になります。

文章の語尾の書き方には大別して「ですます調」と「である調」があり、一つの文章の中に「である調」と「ですます調」が混在すると読みにくくなるので、通常はどちらかに語尾を統一します。テープ起こし・文字起こしを業者に依頼すると 、実際の発言にかかわらず語尾をどちらかに揃えるよう依頼できますので、原稿の用途に応じて適切な語尾を選ぶようにしましょう。

もっとも、テープ起こし・文字起こしのために録音や録画された会議や会話というのは、よほどフランクな場でない限りほぼ「ですます調」で話されます。ですから「ですます調」での文字起こしとは語尾を変えずにそのまま起こす、という意味にもなります。