富士通、聴覚障がい者の会議参加を促進する「LiveTalk」

聴覚障がい者参加型コミュニケーションツール「LiveTalk」を富士通が発表しました。5月の中旬から企業・学校向けに販売を開始します。

「LiveTalk」は聴覚障がい者と健聴者が会話内容をリアルタイムで共有出来るよう、音声認識技術を用いてテキスト化するソフトです。現在聴覚障がい者は全国に約29万人いるとされますが、雇用の促進を押し進めるためには現場でのコミュニケーション円滑化が課題となっており、「LiveTalk」を使用することで聴覚障がい者も会議に参加しやすくなることが期待できるとのことです。

使用者はハンドマイクやヘッドセットマイクを使い会話します。音声認識システムによりテキスト化された内容は、同一Wifiで接続された端末(PCやタブレット)に表示され、そのテキストをPC上で修正することも可能です。またテキストよりも直観的な意思表示のできるスタンプ機能や、使用頻度の高い文章を登録しておき、スピーディに入力する機能も搭載されています。

富士通、聴覚障がい者の会議参加を促進する「LiveTalk」