記憶を記録に(経営理念)

記憶を記録に

消え去ってしまう「記憶」を、確実に「記録」していくこと。
その活動を通じて社会に貢献していくことが私達の喜びです。

音声を文字に書き起こす作業を一般に「テープ起こし(ボイスリライト)」と呼びます。
弊社はこの「テープ起こし(ボイスリライト)」の専門企業です。
2006年の創業以来、納品実績は約7万件、弊社のリライター(テープ起こし技術者)は約400名に上っています。

経営理念

【1】記憶を記録に

私たちが提供するテープ起こしを基本としたサービスにより、記憶を残すお手伝いをします。
またそこから派生する高度に専門的なサービスを提供することにより、お客様の安心や喜びをサポートします。
大きな企業になるよりも、より優れた企業に成長し、無くてはならない存在となることを目指します。

【2】当社に関わる全ての人の幸せと満足を追求します。

お客様、リライター、その家族等、弊社に関わる全ての人の幸せと満足を追求します。
東京反訳は、仕事を通じて心豊かな人々が集まる企業を目指します。

【3】コンプライアンス(法令遵守) を推進し良心を守ります。

私たちは国内外の法令及び社内規定等のルールを遵守します。
また自らの良心に背く仕事はせず、誠実かつ公正な企業活動を通じてお客様からの信頼を獲得します。