TBSラジオ『森本毅郎 スタンバイ!』にて当社が紹介されました

先日8月8日(木)のTBSラジオ『森本毅郎 スタンバイ!』にて、テープ起こしが取り上げられていました。
その中で当社をご紹介いただきましたので、ここに番組の一部を抜粋してテープ起こししたものをご紹介いたします。

TBSラジオ『森本毅郎 スタンバイ!』https://www.tbsradio.jp/stand-by/


森本さん=森本毅郎さん
山縣さん=「週刊東洋経済」の山縣裕一郎さん

山縣さん:「文字起こし」「テープ起こし」っていう言葉があるんですけども、例えば重要な会議で皆さんがいろいろ議論したものを、昔ですと音声テープにとって、それを起こして文字にして、紙に印刷して。

森本さん:一字一句ね。

山縣さん:非常に細かいというところで、とって書いてですね。

森本さん:大変な作業ですよね。

山縣さん:大変で、例えば1時間の議論をやっていただくと、その何倍もかかっちゃうんですけど、文字起こしに、そうすると記録に残りますし、ほかの人も読めますし、音声よりも短い時間でぱっと見ることもできますし、非常にいいわけですね。特にメディアの世界は座談会だとか対談、インタビュー、記者会見などがありますので、頻繁にありますので、私もそういう仕事してましたけども、重要なものについては速記者に来ていただいて、それを紙に起こしていただいたものをもらうとか、それから自分でテープをとって自分で文字起こしをしたり、また、専門の会社さんにお願いして文字を起こしてもらうと。そういうときは。そういうことをしてました。ただ、今ではもうネット上に幾つも文字起こしソフトがありまして、アプリも多く出てますので、デジタルの音声データがあればあっという間に、一応の文字のかたちになると。きれいにしゃべっていればですね。そういうとこまで来てるわけです。
ただ、そういう中でも、「そういう従来の文字起こしの会社はもう全然なくなってるんだろう」と思ってる方もいるんですけども、実はそうではなくて、特色を売りにして、このデジタル時代にも人力の文字起こしやってる会社が何社かあります。

森本さん:特色っていうのはどういうものなんでしょうか。

山縣さん:例えば「東京反訳」という会社は、音声データをインターネットや会社内のネットワークにつなげるとどうなるか、非常に危険性が増してきますので。

森本さん:危険性が増す。

山縣さん:はい。「セキュリティプラン」というのをやってまして、絶対話が、音声が外に漏れないかたちできちっと文字起こしにして渡す、ということをしています。ですからこれはデジタル時代、ネット時代だからこそ情報管理が非常に重要だから、あまりネットのアプリとかを使わないで。

森本さん:ネットで外へ漏れちゃうことを防ぐと。

山縣さん:防ぐということですよね。

森本さん:今こういう文字起こしは、お金はどうなんですかね。どのくらい料金かかるものなの?

山縣さん:非常にたくさんのいろんなパターンがあるので、値段もさまざまなんですけども、例えば1時間の素材の文字起こしだと2万円~2万5,000円ぐらいっていう。これはざっくりした平均ですけど、そういった値段も出てます。ただ、たいてい急いでることが多いわけですね。すぐにこの会議の内容を配らなきゃいけないとか、慌てて新聞なり雑誌の報道に間に合わせなきゃいけない。そういうときは特急でやっていただくので、1人の人がやるのではなくて、音声を2~3人で分けて早く文字に起こすと。

以下省略

デジタル時代に人力で文字起こしという切り口でニッチなテープ起こし業界について紹介していただきました。
番組内で紹介いただきました当社のセキュリティプランについては以下二つのサービスをご用意しておりますので、ご興味のある方はこちらをご覧ください。

セキュリティルームプラン 
出張作業プラン