在宅ワークマガジン「テープ起こしで生活しています」をご紹介します。

テープ起こしをお仕事にされている「にゃん田さん」の連載(在宅ワークマガジン)が面白いです。リライター(テープ起こし技術者)の経験から掴んでこられた、起こし方のコツや適格なアドバイスは、特に初級リライターの方々にはためになる内容です。 テープ起こしの仕事でよく勘違いされていることの一つに、聞いて入力すればよいだけの仕事、という認識があります。にゃん田さん曰く、「“キーボード入力ができること”と“テープ起こしができること”は、まったくの別物!」。そうなのです。発言されている分野の言葉を知らなければ、聞こえている言葉は正しいのか、どんな漢字をあてるのかもわかりませんから、ただ入力するというだけではないのがテープ起こしです。こうして考えてみますと、テープ起こしは数多の言葉のストックと、未知の言葉を獲得していく努力が問われる専門的な仕事といえるのではないでしょうか。 この連載、テープ起こしって実際どんなことをしているの?というクライアントの皆様にもお勧めです。ご一読されるとテープ起こし発注後、納品するまでに何が行われているのか具体的にイメージできると思いますよ。 在宅ワークマガジン「テープ起こしで生活しています」